忍者ブログ

藤島士半 の ブログ

2007年11月01日から始めたブログです。

映画観た! ティファニーで朝食を  I watched the movie. " Breakfast at Tiffany's "




 昔はいまみたいにインターネットもなく、大衆娯楽の代表格の1つが映画だったのでしょうね。この「ティファニーで朝食を」公式サイトかどうかわかりませんが、パラマウント映画社のサイト ( こちら ) も見つけましたが、この作品、オードリー・ヘプバーン(オードリー・ヘップバーン?)様の代表作の1つで、かなり有名な名作映画と言われていますが、オイ ラはストーリーをまったく知らなかったんですよね。先週の休みのとき、暇だし、なんか映画おもしろそうなの上映してないかな? とスマートフォンで映画サイトを見ていたら、『午前10時の映画祭』とかいうので、このティファニーで朝食をを見つけて、なんとなく見に行きました。
 オードリー・ヘプバーン様は可愛いらしいですね。加えて色っぽいし、まさに女優。
  オイラは、苦労したけど、小説家の男と結ばれて、ティファニーで優雅な朝食を食べる日を送れるようになるのかな? と思っていたら、そう単純な話でもないみたい。最後は二人は結ばれたのでしょうが、「あれ? これで終わり?」とあっけなく映画は終幕。あのダラダラと長いエンドロールもどうかとは思いますが、エンドロールがないのも余韻に浸れなくて寂しい。



 
 オードリー様の作品では「ローマの休日」も見てみたいですね。DVDを買うなり借りるなりすれば見られるんでしょうが、オイラは映画を家でずっと見るのは結構苦痛に感じるので、映画は映画館で観たいというのがあるんですよね。
 
 ティファニーで朝食をを見た感想は、正直、恋愛もろくすっぽ理解できてない、独り身のおっちゃん向けの映画でないことだけは確かな気がします。オトナの恋を経験した人には胸にグッとくる作品なのでしょうね。あとは、日本人のイメージってこんなだったのか…というのを、ヘプバーン様演じるホリーの上の階の住人を見て複雑な気持ちでした。
 



 なんでも、原作とは違った終わり方らしいですね、映画。原作も知らないので、比較できませんが、原作はどんな終わり方だったのか、ちょっぴり気になります。
 
PR

コメント

フリーエリア



カウンター

 あなたは、えぬほめ関連のウェブサイト、ブログなど、全てのコンテンツで、のべ、

番目にご訪問くださった素敵なお客様です。

 なお、この藤島士半 の ブログ限定では、のべ

番目にご訪問くださった、素晴らしい方です。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新CM

[07/21 激安スーパーコピークロムハーツ]
[07/17 クロムハーツ コピー 口コミ]
[07/15 saldi burberry]
[07/15 クロムハーツ 中国コピー]
[07/13 コピー クロムハーツ 服]

最新記事

プロフィール

 どんな命令でも尽くしてくれるMな美女募集。…などとたわけたことを書いていた時期もありましたが…。
 いまは、ちゃんとしたプロフを書こうと思うようになってきました。

 もう、おっちゃんなのに、最近、引き篭もり気味です。  インターネットで素敵な女性と知り合えることを夢見たこともありましたが、夢破れました。でも、奇跡があるといいなぁ…。 このブログの主成分は、公営ギャンブルです。

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

最新記事のフィルム

フリーエリア