忍者ブログ

藤島士半 の ブログ

2007年11月01日から始めたブログです。

映画観た! おっぱいバレー


 理由は知らないが昨夜はネットに接続できなかったので、更新できませんでしたが、昨日のお休みの日に兼ねてより観ようと思って密かに期待していたおっぱいバレーなる映画を観て来ました。先に書いておくと、PG-12作品でも無い本作で、これだけ爽やか(?)に「おっぱい」を連呼する映画もそうそうお目にかかれないでしょう。公式サイトを見るとこの作品を作るにあたっては、ヒロインの美香子先生役のヒロインは、男子がおっぱいを見たくなるような女優でなおかつ女性からの支持も高く、「おっぱい」をためらわず言える女優を選出すること、生徒役の男子には、どれだけおっぱいに対して純粋で可愛げのある欲望を持っているかが重要視されたんだとか…。そしてどこまで本当かは知らないけど、語尾に必ず「おっぱい」というのをつける…を合言葉に撮影は進めてられたそうで、「おはようおっぱい」とか「お疲れおっぱい」とか挨拶を交わしていたそうです。で、ストーリーは、映画ドットコムより抜粋すると、
1979年、北九州市。中学校の弱小男子バレー部の顧問になった新任教師の美香子は、やる気のない部員たちに「試合に勝ったらおっぱいを見せる」という約束をさせられてしまう。張り切った部員たちは練習に打ち込み、実力をつけていくが、試合には勝ってほしいものの、おっぱいは見せたくない美香子は思い悩み……。実話をもとに描かれた同名小説を、「海猿」の羽住英一郎監督が映画化した青春コメディ。
…というもの。まぁ、パッと見お馬鹿映画の一言で片付けてしまえそうな作品ですが、なかなか一昔か二昔前の青春(コメディ)ドラマ仕立てで、オイラは好きでした。可愛い綾瀬様に見とれてしまったり、「おっぱい」の言葉だけがやたら耳に残った感もあって真剣に見るのもどんなもんか…という雰囲気も最初のうちは漂っていましたが、観終わればちゃんとそれなりに感動できる作品になっております。やっぱりベタが好きなオイラにはツボにそれなりに嵌った作品でした。いろんなサイトを探せば劇中に何回「おっぱい」と言ったか載っているサイトもあるかもしれませんが、ヒマな方は数えてみるのもいいかも?
 ちょいとタイトルがタイトルだけに敬遠しがちかもしれませんが、滅多にいないとは思いますが、綾瀬様が嫌いな方は仕方ないとして、なんか肩の力を抜いて観られる作品ですが、ちょっと美香子先生が恩師の元を訪ねるシーンなんかは、ベッタベタですが、ジ~ンときちゃいましたよ、オイラ…。では、最後にこの作品を観終えた感想(?)を一言で…『ナイスっ! おっぱい!!
オー・ぴー・ヴい
ちゃんとした画像で観たい方はココをクリックしてようつべ動画のサイトで直接視聴してね。

公式サイトはココをクリックすると見られます。
PR

コメント

フリーエリア



カウンター

 あなたは、えぬほめ関連のウェブサイト、ブログなど、全てのコンテンツで、のべ、

番目にご訪問くださった素敵なお客様です。

 なお、この藤島士半 の ブログ限定では、のべ

番目にご訪問くださった、素晴らしい方です。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新CM

[07/21 激安スーパーコピークロムハーツ]
[07/17 クロムハーツ コピー 口コミ]
[07/15 saldi burberry]
[07/15 クロムハーツ 中国コピー]
[07/13 コピー クロムハーツ 服]

最新記事

プロフィール

 どんな命令でも尽くしてくれるMな美女募集。…などとたわけたことを書いていた時期もありましたが…。
 いまは、ちゃんとしたプロフを書こうと思うようになってきました。

 もう、おっちゃんなのに、最近、引き篭もり気味です。  インターネットで素敵な女性と知り合えることを夢見たこともありましたが、夢破れました。でも、奇跡があるといいなぁ…。 このブログの主成分は、公営ギャンブルです。

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

最新記事のフィルム

フリーエリア