忍者ブログ

藤島士半 の ブログ

2007年11月01日から始めたブログです。

映画観た! ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

 話題の映画、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観ました。平日の午前中に観に行ったのですが、大きい劇場だったので、満席にはほど遠い状況ながら、案外混んでいた。注目の高さが窺えますね。で、ストーリーを例によってムービーウォーカーから抜粋しようかと思ったら、未公表と書かれている…。さっきブログでネタバレ記事を多量に書いたけど、不味かったかなぁ?
 エヴァンゲリオンではなくヴァンゲリンとなっているのですが、ときどき「エ」と「オ」を打ち間違える作品です。
 ヱヴァンゲリヲン新劇場版のタイトルは、雅楽や能楽の日本の伝統音楽の用語『序破急()じょはきゅう』から付けられた名前だそうです。何故か第3作目は『急』ではなくローマ字で『Q』となっていますが…。最初『Q』って見たときは、オバQを思い出して、エヴァの頭のてっぺんに毛が3本なのか? と思ってしまいましたが…。
 1作目である『序』は、テレビアニメのシリーズをリメイクしたイメージを受けましたが、2作目の『破』で、テレビアニメシリーズをなぞりながら、ちょっとストーリーの流れが変わっていって、最後の方は全然違うものになりましたが、3作目の『Q』は、最初から最後までテレビアニメシリーズとは違う、まったく別物のエヴァシリーズとなりました。ただ、テレビアニメの25、26話といい、もう14、5年前になると思いますが、Airまごころを君にという映画版の25話、26話がありましたが、映画版、テレビアニメ版ともに最終回が納得いかないというか、人類補完計画とか、あれほど壮大に盛り上げてわけわからん終わり方してたんですが、このヱヴァンゲリヲン新劇場版は、次回が最終話ですが、もっと納得できる結末になっていることを期待しております。
 このQについては、何故ミサト達がヴンダーとかいう船に乗ってるのかとか、まだまだ謎の残しているので、その謎も最終回で明らかになるのかな? ただ、なんとなーくふしぎの海のナディアを思い出してしまった。同じガイナックス作品とはいえ、20年ほど前のアニメを思い出すなんて、オタクが抜けないな、オイラ。鈴原(妹)みて、イコリーナさんを思い出していたりしたからね。
 破のあとのことなど、少しはわkりつつも、なんだか、まだ、ちんぷんかんぷんなところも多いヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q、最後は次回予告があって、最終話のタイトルも発表されました。『序破急』は3つで終わりなので、4つめのタイトルはどうすんだろう? と思っていたら、「これか…」というタイトル。さすがに書いてはいけないだろうと思うんですが、公式サイト見たら、すでに最終話のタイトルが発表されてました。
 結局、この作品の感想を書くのは難しい。ストーリーの途中というのもありますしね。本編自体は2時間もないので、エヴァのファンは、無理矢理に時間を作っても観に行くべしでしょう…って、『序』と『破』を観た人は、こんな辺鄙なサイトやウェブログに書かれなくても、観に行くんでしょうけど…。

公式サイトはコチラです。
PR

コメント

フリーエリア



カウンター

 あなたは、えぬほめ関連のウェブサイト、ブログなど、全てのコンテンツで、のべ、

番目にご訪問くださった素敵なお客様です。

 なお、この藤島士半 の ブログ限定では、のべ

番目にご訪問くださった、素晴らしい方です。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新CM

[07/21 激安スーパーコピークロムハーツ]
[07/17 クロムハーツ コピー 口コミ]
[07/15 saldi burberry]
[07/15 クロムハーツ 中国コピー]
[07/13 コピー クロムハーツ 服]

最新記事

プロフィール

 どんな命令でも尽くしてくれるMな美女募集。…などとたわけたことを書いていた時期もありましたが…。
 いまは、ちゃんとしたプロフを書こうと思うようになってきました。

 もう、おっちゃんなのに、最近、引き篭もり気味です。  インターネットで素敵な女性と知り合えることを夢見たこともありましたが、夢破れました。でも、奇跡があるといいなぁ…。 このブログの主成分は、公営ギャンブルです。

バーコード

ブログ内検索

最古記事

アクセス解析

最新記事のフィルム

フリーエリア